建築物が建ち並ぶ

間取りを変えようとする試みの始まりといえる

地震対策ができるのか、そのため「耐震リフォームを考えているのですが、相談に乗ってください」とお問い合わせをいただ本章では、リフォームを考えるときに、どのような点に注意したらよいのか。
リフォームでどこまでなどについてまとめてみたいと思いますリフォームの基本を知っておこう一口にリフォームといっても、その内容はさまざまです。現状の建物に新しい部屋をつけ加えたり、2階を建て増しするなどの増築もあれば、火災などで滅失した建築物や施主の都合で除去した建物を、以前の用途、規模、構造とそれほど変わらない建築物に建て直す改築と呼ばれるものがぁります改装と呼ばれる工事もリフォームの範囲に含まれます。
また、柱や梁などの基本はそのままに、性能や品質を向上させるや、雨漏りや外壁のひび割れを直したりする修繕修繕などを除くと、リフォームの目的は大きく2つに分かれます。
ひとつは、建物の耐久性を高めるためのリフォームです。大地震への備えとしての耐震補強のリフォームもここに含まれます。
もうひとつは、住まいの快適性を求めるリフォームです。
キッチンや浴槽を最新の設備に更新するなどがイメージしやすいかもしれません安全性を損なうリフォームもある目的に応じたリフォームを考えることが基本となりますが、そこには注意すべきポイントがあります。
たとえば、壁や床の張り替えを行うリフォームを施したとしましょう。これによって向上するのは見た目のよさだけです。柱や壁が古く老朽化している場合は、耐震性に不安を抱えたまま暮らし続けることになります「リビングを広くて開放的なものに変えたい」と考えて、柱や壁を取り去るリフォームはどうでしょうか。
見た目はすっきりするかもしれませんが、柱や壁がなくなったぶん、家自体の地震に対する強さが失われることになります。大空間を作るために、既存の柱を抜いて大きな梁などを入れるケースがありますが、それは、建物の重量を持たせる、という考え方で、大地震などの対策として十分ではありません。

不動産会社からすれば

耐震バランス計算を行い、そのバランスに応じて壁量などを増やさなければなりません。
リフォームしても安全性は向上しない、あるいはリフォームをしたことによって安全性が損なわれるケースもあるのです。リフォームを考える際には、このことに注意する必要があります。
耐震診断について知っておこう現在お住まいの家の耐震性を知ることが第一です。
そこで行うリフォームを検討する場合は、まず、のが耐震診断というものです。
木造住宅の耐震診断は、①地盤·基礎、②壁のバランス、③壁の量、④老朽度を調査し、現在の建築基準に、どの程度対応できているかどうかをチェックするものです。詳しくは後ほどご説明しますがまず簡単に個別のポイントをご紹介します。
●地盤·基礎基礎は、ひび割れの有無や地盤図や周辺の地形を確認することで、鉄筋の有無などを調べます。目視をするのはもちろんですが、どを使った鉄筋の有無調査も行われます。
地盤の強弱をチェックします。
工事記録をチェックしたり、センサーな逆に鉄筋が入っていなかったり、ひび割れを起こし基礎に鉄筋が入っていることで強度が増します。
ている基礎は、耐震性が低下していると診断されます。

●壁のバランス壁のない面がある家などは、建物の形と壁の配置をチェックすることで、建物の強弱を診断します。
バランスの悪さによって、耐震性が低いという評価につながります。

●壁の量大広間があるよ壁の量は多いほうが地震に強いと言えます。家の南側の一面に大きな窓があったり、うな家は、壁の量が少ないということでもあり、耐震性が低いということになります。
こ)
老朽度屋根や外壁などに歪みがないか、柱が傾いていないかなどをチェックします。
目視するだけでなく明らかな経年劣化が認められた床下の湿度を調べたり、木材の不朽やシロアリ被害なども確認します。
場合は、地震による倒壊のおそれがあると診断されます。
日本木造住宅耐震補強事業者協同組合の統計平成12年7月1日平成16年10月31日割近くの木造住宅は耐震性に不安があるとの結果が報告されています。
によると、誰が耐震診断をするのか耐震診断の方法は大きく以下の3つに分かれます。
ひとつは、家に住む人が独自に行う簡易診断です。

 

間取りは手書きに挑戦

家に持って帰ってき間取りを考えるどん

財団法人日本建築防災協会のホームページにはというプログラムが公開されていますインターネットでできる「誰でもできるわが家の耐震診断」()設問にしたがってクリックをしていくと、簡単な耐震診断ができるほか、耐震知識も得られます。
建物を壊さずに目視調2つめは、建築士や工務店に依頼して行う一般診断法と呼ばれるものです。
査により耐震診断を行います。
現在、最も一般的な耐震診断法と言えます。
精密診断法と呼ばれる方法です。
これは建物の一部を壊して、住宅の強さを厳密に調査3つめは、するものです。木造住宅だけでなく、鉄筋コンクリート造の住宅なども診断の対象となっています。
般診断法よりも精度が高いのはたしかですが、建物を壊して調査するわけですから、コストも手間も大きなものとなります。

どんなの方法があるのか適切な処置を施すことになります。
以下で耐震診断の結果をもとに、補強ポイントを見つけ出し、工事の種類別にポイントを解説します。
補強①地盤の改善地盤を改善するにはいくつかの方法があります。地盤が沈下した箇所を部分的に修正する工事は、工期が短く比較的安価で行うことが可能です。
沈下修正このほか、家をジャッキアップして、地盤に鋼管杭を打ち込んでいく工事や、家全体を別の場所に移動したり、床をはがして地盤改良を行う工事もあります。当然のことながら、大がかりな工事になるぶん、コストがかかります。また、狭小地などでは、家を移動させる工事など、現実的に難しいものもぁります補強②基礎の補修基礎の補修には、コンクリートのひび割れクラックを補修するものがあります。この工事は、クラック部分にプラグを取りつけ、そのプラグを通してエポキシ樹脂を注入していき、クラックを塞ぐというものです。もっとも、基礎の鉄筋が錆びている場合には一時的な措置にしかならず、根本的な耐震補強とは呼べないという問題があります。

家に持って帰ってき地震対策ができるのか、そのため「耐震リフォームを考えているのですが、相談に乗ってください」とお問い合わせをいただ本章では、リフォームを考えるときに、どのような点に注意したらよいのか。
リフォームでどこまでなどについてまとめてみたいと思いますリフォームの基本を知っておこう一口にリフォームといっても、その内容はさまざまです。現状の建物に新しい部屋をつけ加えたり、2階を建て増しするなどの増築もあれば、火災などで滅失した建築物や施主の都合で除去した建物を、以前の用途、規模、構造とそれほど変わらない建築物に建て直す改築と呼ばれるものがぁります改装と呼ばれる工事もリフォームの範囲に含まれます。
また、柱や梁などの基本はそのままに、性能や品質を向上させるや、雨漏りや外壁のひび割れを直したりする修繕修繕などを除くと、リフォームの目的は大きく2つに分かれます。
ひとつは、建物の耐久性を高めるためのリフォームです。大地震への備えとしての耐震補強のリフォームもここに含まれます。
もうひとつは、住まいの快適性を求めるリフォームです。
キッチンや浴槽を最新の設備に更新するなどがイメージしやすいかもしれません安全性を損なうリフォームもある目的に応じたリフォームを考えることが基本となりますが、そこには注意すべきポイントがあります。
たとえば、壁や床の張り替えを行うリフォームを施したとしましょう。これによって向上するのは見た目のよさだけです。柱や壁が古く老朽化している場合は、耐震性に不安を抱えたまま暮らし続けることになります「リビングを広くて開放的なものに変えたい」と考えて、柱や壁を取り去るリフォームはどうでしょうか。
見た目はすっきりするかもしれませんが、柱や壁がなくなったぶん、家自体の地震に対する強さが失われることになります。大空間を作るために、既存の柱を抜いて大きな梁などを入れるケースがありますが、それは、建物の重量を持たせる、という考え方で、大地震などの対策として十分ではありません。
不動産会社からすれば
不動産会社からすれば

間取りを変えようとする試みの始まりといえる

部屋の境は曖昧なつくりとなっている家の価格以上に重要な耐震バランス計算を行い、そのバランスに応じて壁量などを増やさなければなりません。
リフォームしても安全性は向上しない、あるいはリフォームをしたことによって安全性が損なわれるケースもあるのです。リフォームを考える際には、このことに注意する必要があります。
耐震診断について知っておこう現在お住まいの家の耐震性を知ることが第一です。
そこで行うリフォームを検討する場合は、まず、のが耐震診断というものです。
木造住宅の耐震診断は、①地盤·基礎、②壁のバランス、③壁の量、④老朽度を調査し、現在の建築基準に、どの程度対応できているかどうかをチェックするものです。詳しくは後ほどご説明しますがまず簡単に個別のポイントをご紹介します。
●地盤·基礎基礎は、ひび割れの有無や地盤図や周辺の地形を確認することで、鉄筋の有無などを調べます。目視をするのはもちろんですが、どを使った鉄筋の有無調査も行われます。
地盤の強弱をチェックします。
工事記録をチェックしたり、センサーな逆に鉄筋が入っていなかったり、ひび割れを起こし基礎に鉄筋が入っていることで強度が増します。
ている基礎は、耐震性が低下していると診断されます。

●壁のバランス壁のない面がある家などは、建物の形と壁の配置をチェックすることで、建物の強弱を診断します。
バランスの悪さによって、耐震性が低いという評価につながります。

●壁の量大広間があるよ壁の量は多いほうが地震に強いと言えます。家の南側の一面に大きな窓があったり、うな家は、壁の量が少ないということでもあり、耐震性が低いということになります。
こ)
老朽度屋根や外壁などに歪みがないか、柱が傾いていないかなどをチェックします。
目視するだけでなく明らかな経年劣化が認められた床下の湿度を調べたり、木材の不朽やシロアリ被害なども確認します。
場合は、地震による倒壊のおそれがあると診断されます。
日本木造住宅耐震補強事業者協同組合の統計平成12年7月1日平成16年10月31日割近くの木造住宅は耐震性に不安があるとの結果が報告されています。
によると、誰が耐震診断をするのか耐震診断の方法は大きく以下の3つに分かれます。
ひとつは、家に住む人が独自に行う簡易診断です。

間取りは手書きに挑戦

財団法人日本建築防災協会のホームページにはというプログラムが公開されていますインターネットでできる「誰でもできるわが家の耐震診断」()設問にしたがってクリックをしていくと、簡単な耐震診断ができるほか、耐震知識も得られます。
建物を壊さずに目視調2つめは、建築士や工務店に依頼して行う一般診断法と呼ばれるものです。
査により耐震診断を行います。
現在、最も一般的な耐震診断法と言えます。
精密診断法と呼ばれる方法です。
これは建物の一部を壊して、住宅の強さを厳密に調査3つめは、するものです。木造住宅だけでなく、鉄筋コンクリート造の住宅なども診断の対象となっています。
般診断法よりも精度が高いのはたしかですが、建物を壊して調査するわけですから、コストも手間も大きなものとなります。

どんなの方法があるのか適切な処置を施すことになります。
以下で耐震診断の結果をもとに、補強ポイントを見つけ出し、工事の種類別にポイントを解説します。
補強①地盤の改善地盤を改善するにはいくつかの方法があります。地盤が沈下した箇所を部分的に修正する工事は、工期が短く比較的安価で行うことが可能です。
沈下修正このほか、家をジャッキアップして、地盤に鋼管杭を打ち込んでいく工事や、家全体を別の場所に移動したり、床をはがして地盤改良を行う工事もあります。当然のことながら、大がかりな工事になるぶん、コストがかかります。また、狭小地などでは、家を移動させる工事など、現実的に難しいものもぁります補強②基礎の補修基礎の補修には、コンクリートのひび割れクラックを補修するものがあります。この工事は、クラック部分にプラグを取りつけ、そのプラグを通してエポキシ樹脂を注入していき、クラックを塞ぐというものです。もっとも、基礎の鉄筋が錆びている場合には一時的な措置にしかならず、根本的な耐震補強とは呼べないという問題があります。工事に励終えてみて建築にも影響を与えていき