工事に励終えてみて

家からの移転であるはず

そこまでの事情を考慮しているようには見えません非常に優秀で、先進的な考え方まだまだ理解されていない部分を現場の状況を無視したリフォームの推進を持った人材が集まっていると感じています。
しかし、実際にリフォームが行われている現場の実情については、感じることがありますどんな業種においても、問題解決の答えは現場にあります。
は、結果的に、将来的な危険性について国が見て見ぬふりをしているのと同じになるのではと憂慮しています。そうしている今も、いつ大地震が起きてもおかしくない状況が続いているのです。
国としては、今後、基礎などを含め、新たな技術を取り入れ、耐震性能をより安価に進めたいとしています。たとえば、検討材料のひとつに、高速道路の柱に巻きつけ、固めてしまうシート状のものなどの採用です。それを一般家庭の基礎や壁面補強などに使うという案もあります。たしかにこのような施工でもある程度は強度を高く保てるため、一部の会社では、実用化が進められています私個人の意見としては、少しでも、多くの人の安全性を確保するために、よりよい施策が、できる限り早くスタンダード化されることを願っています。
私のリフォームに対する考え方先ほど、私自身がかつて多くのリフォームを手がけていたことをお話しました。
した。それは私の会社は地盤のよくない地域で、多くの危険な家が存在していたからです。
いまさら新築を手がけるのは珍しいねと、いろいろな人から言われたのを記憶しています同じような金額がかかるのであれば、地震に強い新築のほうをおすすめするべきではないのか。
当時は、順調に売上げも上げていたのですが、あえて新築をメインに据えて活動することを決断しま当時はすでに、新築の家が売れないからリフォーム業界に参入するという流れが始まっていましたしかし、リフォームで本当に安全な家にしようと考えたら、新築以上の金額がかかることもあります私がお客様だったら、そう考えるのが当然だろうと感じたのです。

一人でも多くのそして少しでも地震対策の整った環境負荷も少ない、安くていい家を提供できたら、人に安全と安心を供給できるのではないかと考えたのです。
何がお客様にとって一番必要か--私の決断の根底にはそのことがありました。
一番必要なこと、とは「お客様とその家族の安全を守る」ということです。全面リフォームと同等の予算で、よい地盤とよい基礎、そしてよい物を提供できないだろうか。その一心で、地震に強く、安くていい家の提供を追求してきました。
建築物が建ち並ぶ

工事内容がより明確


工事監理者用スペースは必要

>工事監理者用スペースは必要私は、もともと職人であったので、当初から品質を下げてコストをカットするという発想はまったく持ちませんでした。まずは、家づくりのどんなところでコストがかかってしまうのかを考えました。
職人の手間がかかってしまうのは、納まりがはっきりしないことに原因があります。納まりとは部材の取りつけ具合や、仕上がり具合などを意味する言葉です。この納まりを明確化する、つまり仕上がり後に見えなくなってしまう壁の中の設計基準を統一化するだけで、作業効率は格段に上がります。そうした設計基準を見直し、職人さんが作業しやすい環境を整えることを第一に考えました。
壁の裏や細かな所において、統一された設計基準を設ける。これを徹底することで、職人さんは1軒家を建てれば、2軒目以降は、ほとんど細かい図面を用いなくても的確な工事がスムーズにできるようになります。とはいえ、目に見える部分は自由設計なので、お客様にとっては、どの家も見た目が同じということにはなりません。
自分が職人をしていた経験を生かし、単純に職人さんを安く使おうとするのではなく、作業効率の改善を図ることでコストダウンを図ったのです。同時に、メーカーとタイアップして商材の仕入れも、今後の事業の拡大を前提に協力していただきました。
コストダウンを実行できたのは、私が駆け出しのころから可愛がってくれた兄貴分の職人さんや親方たち、その他の業者さんの協力があってこそでした。そして、その想いの根底にあったのが、地震対策環境対策に優れた家を少しでも安く提供することで、一人でも多くの人の安全性を確保したいということだったのです。


家庭のモデルケースで

正解したら省エネ

マンションが活況なだけ今もそういった腕のたしかな職人さん、多くの業者さんに助けられながら、チームワークと心で家を建てています。

優先すべきは家族の安全現在の耐震補強基準は、ひと昔前に比べると、確かに引き上げられています。お住まいの家の強度が弱く、どうしても建て替えまでは予算が回らない場合、または、人口の密集地域に多いのですが、建替えても、現況の住宅よりも広さが確保できない家などは、耐震補強基準にしたがって耐震補強リフォムをすることをおすすめします。
たとえば、内壁用パネルを使用したり、土台と基礎と柱を連結するための外づけホールダウン金物を設置するなどの工事が考えられるでしょう。
ただし、これはあくまでも最低限の耐震基準を満たすための工事であることを忘れてはいけません。
また、前述したように、良心的なリフォーム業者は、一定の割合で、たしかに存在しています。本書でご紹介した情報を参考に、ぜひこうしたレベルの高い業者を探していただければと願っています。
繰り返しになりますが、家づくりで最も大切なことは何かと考えてください。
私は業者向け、あるいは一般のお客様向けのセミナーを行う機会がありますが、そういった場所で同じことを繰り返し訴えています家づくりで最も大切なことは家族の安全です。ぜひ、そういう視点で家を見るようにしてください。いい家は、よい地盤とよい基礎とよい上物の3点セットです。まず、その3点を整えるようにしてくださリフォームを考える場合は、家族の安全をどう守るかという視点で、検討していただければと思いま

家づくりの不安、疑問に答えます!

本章では、家づくりや安全な暮らし方について、代表的な疑問にお答えしていきたいと思います。
一戸建てとマンションで迷っています。
これから大地震が来るかもしれないと思うと、どちらが安全で長く住めるのか判断がつきません結論から申し上げると、マンションを選ばれるのであれば、を購入することをおすすめします何よりも築年数に注目して、新しい物件築年数の経過したマンション築年数40年を超えるマンションなどは、耐震性の上で大きな不安があると考えられます。
間取りを考えるどん

家庭のモデルケースでそこまでの事情を考慮しているようには見えません非常に優秀で、先進的な考え方まだまだ理解されていない部分を現場の状況を無視したリフォームの推進を持った人材が集まっていると感じています。
しかし、実際にリフォームが行われている現場の実情については、感じることがありますどんな業種においても、問題解決の答えは現場にあります。
は、結果的に、将来的な危険性について国が見て見ぬふりをしているのと同じになるのではと憂慮しています。そうしている今も、いつ大地震が起きてもおかしくない状況が続いているのです。
国としては、今後、基礎などを含め、新たな技術を取り入れ、耐震性能をより安価に進めたいとしています。たとえば、検討材料のひとつに、高速道路の柱に巻きつけ、固めてしまうシート状のものなどの採用です。それを一般家庭の基礎や壁面補強などに使うという案もあります。たしかにこのような施工でもある程度は強度を高く保てるため、一部の会社では、実用化が進められています私個人の意見としては、少しでも、多くの人の安全性を確保するために、よりよい施策が、できる限り早くスタンダード化されることを願っています。
私のリフォームに対する考え方先ほど、私自身がかつて多くのリフォームを手がけていたことをお話しました。
した。それは私の会社は地盤のよくない地域で、多くの危険な家が存在していたからです。
いまさら新築を手がけるのは珍しいねと、いろいろな人から言われたのを記憶しています同じような金額がかかるのであれば、地震に強い新築のほうをおすすめするべきではないのか。
当時は、順調に売上げも上げていたのですが、あえて新築をメインに据えて活動することを決断しま当時はすでに、新築の家が売れないからリフォーム業界に参入するという流れが始まっていましたしかし、リフォームで本当に安全な家にしようと考えたら、新築以上の金額がかかることもあります私がお客様だったら、そう考えるのが当然だろうと感じたのです。

一人でも多くのそして少しでも地震対策の整った環境負荷も少ない、安くていい家を提供できたら、人に安全と安心を供給できるのではないかと考えたのです。
何がお客様にとって一番必要か--私の決断の根底にはそのことがありました。
一番必要なこと、とは「お客様とその家族の安全を守る」ということです。全面リフォームと同等の予算で、よい地盤とよい基礎、そしてよい物を提供できないだろうか。その一心で、地震に強く、安くていい家の提供を追求してきました。


家からの移転であるはず

私は、もともと職人であったので、当初から品質を下げてコストをカットするという発想はまったく持ちませんでした。まずは、家づくりのどんなところでコストがかかってしまうのかを考えました。
職人の手間がかかってしまうのは、納まりがはっきりしないことに原因があります。納まりとは部材の取りつけ具合や、仕上がり具合などを意味する言葉です。この納まりを明確化する、つまり仕上がり後に見えなくなってしまう壁の中の設計基準を統一化するだけで、作業効率は格段に上がります。そうした設計基準を見直し、職人さんが作業しやすい環境を整えることを第一に考えました。
壁の裏や細かな所において、統一された設計基準を設ける。これを徹底することで、職人さんは1軒家を建てれば、2軒目以降は、ほとんど細かい図面を用いなくても的確な工事がスムーズにできるようになります。とはいえ、目に見える部分は自由設計なので、お客様にとっては、どの家も見た目が同じということにはなりません。
自分が職人をしていた経験を生かし、単純に職人さんを安く使おうとするのではなく、作業効率の改善を図ることでコストダウンを図ったのです。同時に、メーカーとタイアップして商材の仕入れも、今後の事業の拡大を前提に協力していただきました。
コストダウンを実行できたのは、私が駆け出しのころから可愛がってくれた兄貴分の職人さんや親方たち、その他の業者さんの協力があってこそでした。そして、その想いの根底にあったのが、地震対策環境対策に優れた家を少しでも安く提供することで、一人でも多くの人の安全性を確保したいということだったのです。
カラー液晶

マンションが活況なだけ

家からの移転であるはず今もそういった腕のたしかな職人さん、多くの業者さんに助けられながら、チームワークと心で家を建てています。

優先すべきは家族の安全現在の耐震補強基準は、ひと昔前に比べると、確かに引き上げられています。お住まいの家の強度が弱く、どうしても建て替えまでは予算が回らない場合、または、人口の密集地域に多いのですが、建替えても、現況の住宅よりも広さが確保できない家などは、耐震補強基準にしたがって耐震補強リフォムをすることをおすすめします。
たとえば、内壁用パネルを使用したり、土台と基礎と柱を連結するための外づけホールダウン金物を設置するなどの工事が考えられるでしょう。
ただし、これはあくまでも最低限の耐震基準を満たすための工事であることを忘れてはいけません。
また、前述したように、良心的なリフォーム業者は、一定の割合で、たしかに存在しています。本書でご紹介した情報を参考に、ぜひこうしたレベルの高い業者を探していただければと願っています。
繰り返しになりますが、家づくりで最も大切なことは何かと考えてください。
私は業者向け、あるいは一般のお客様向けのセミナーを行う機会がありますが、そういった場所で同じことを繰り返し訴えています家づくりで最も大切なことは家族の安全です。ぜひ、そういう視点で家を見るようにしてください。いい家は、よい地盤とよい基礎とよい上物の3点セットです。まず、その3点を整えるようにしてくださリフォームを考える場合は、家族の安全をどう守るかという視点で、検討していただければと思いま

家づくりの不安、疑問に答えます!

本章では、家づくりや安全な暮らし方について、代表的な疑問にお答えしていきたいと思います。
一戸建てとマンションで迷っています。
これから大地震が来るかもしれないと思うと、どちらが安全で長く住めるのか判断がつきません結論から申し上げると、マンションを選ばれるのであれば、を購入することをおすすめします何よりも築年数に注目して、新しい物件築年数の経過したマンション築年数40年を超えるマンションなどは、耐震性の上で大きな不安があると考えられます。