暮らしをよくするために

住宅誌上では

住宅評論家の沢孝史氏も「中古マンションは新築と違い、物件により差があるが、利回りが高い」といっている。マンション投資で新築を買うことはないのだリスクはどうか。一般に中古マンションのリスクは、入居率が不安定なこと、耐用年数がまちまちで、大規模改修のリスクがあることなどだが、この物件は駅近と都心のターミナル駅に三十分というアクセスの強みがある。空室になる心配はまずないだろう。残るリスクは築二十二年ということ。

基本的に建築


工事を行いその後

>施工スペースにセメントを埋め戻しマンションの建て替えは三十五年が常識。まだ間があるが、修は十年以内にあるかもしれない。このへんは管理組合と密に接して情報をつかんでおくことだ。大規模改もし、改修につきあいたくないなら、十年を限度として売却する計画を立てればいい。空室なしで十年間貸せれば、購入価格を上回る額の収益を上げられる。


耐震補強のレベルは

家全体で揺れを吸収して分散するという

デザイン住宅系このように混同したのは、江戸時代から明治にかけて存在していた銭湯が、柘榴風呂形式をとっていたからであろう。この柘榴風呂形式とは、浴槽の出入り口が低くて屈んで入るようになっているもので、浴室は湯浴と蒸気浴の両方を兼ねたものであり低い出入り口は蒸気を外に逃がさないための工夫であった。こうした湯浴と蒸気浴が混在する過程で名称としては風呂が残ったようなのだ。ざくろ名称の問題はさておいて、ちょっと注目したいのが銭湯のもうひとつの顔のことである。江戸時代後期には、江戸の人々は毎日湯に入るのが習慣で、また、内風呂は武家住宅だけで、商家には内風呂を備えたものは少なく、大半の人々が銭湯に通ったという。ダンボール箱施工面積に入りのでその銭湯は、当然ながらお湯に浸かってサッパリするという場とともに湯上がりに男風呂の二階には座敷があって、飲んだり食べたり、碁や将棋を指したりという娯楽の場でもあった「図58」。また、銭湯で興味深いのは、江戸は古くから男女別々に入っていたが、大阪では男女混浴で、寛政の改革「一七八七九三年」で男女別ができたが完全な分離ではなかったという。男女の混浴には、大阪のほうが寛容であったようで、そうした伝統は今でも性風俗の独特のアイデアに生きているようにも思える。話が横道に逸れてしまったが、ここでいいたいのはお風呂が、単に体を洗うためだけの場ではなく遊びの要素を兼ね備えていたということ。こうした意識は、古代ローマ時代の大浴場文化に似ているかもしれない。


家具などに買い替えてしまうのは得策ではありません

「床を変えるなら8万円かかります。」と言われ、施主さんも「私たちが言っていたのと違う」と主張したそうです。が、なんだかんだと言いくるめられてしまい、お金もかかるからと床を直してもらうことを我慢してしまったそうです。施工業者は「施主さんは素人です。から、考えているようです。わからない言葉を並べれば、相手は受け入れるしかないだろう」と自分が建てた家なのに、どうして施主さんが我慢しなければいけないのでしょう。あると、夢が一気に覚めてしまいます。最初にこんなトラブルがもしかすると、まだ家を買っていない方でしたら、う人もいるかもしれません「たった5センチならなんとかなるんじゃない?」と思です。

合板等による低い空間のかさ上げ

施工を行ってもらえるので多くの方が何千万というお金を払って「清水の舞台から飛び降りる」ほどの覚悟で家を購入します。たった5センチがさまざまな予定を狂わすわけです。から、許されることではありません。こういった施工業者の都合によるトラブルがなくなってほしいと心から思います。もう一つ、知ってほしいことがあります。